肌トラブル

年中日焼け対策を!

白く透き通るような肌に憧れを抱く方も多いと思います。
勿論私もその一人でした。子供の頃は帽子も被らず外で朝から日暮れまで遊んでいた為、
常にこんがり小麦色肌だった私は成長と共に色白の肌に強い憧れを抱くようになりました。
そして、年中日焼け対策を取り入れ、更に肌の手入れも怠らない事で念願の色白お肌を手に入れました。
小麦色肌だった少女は今や、周りから色白素肌、日焼け知らずと言われています!
私がどの様にして色白素肌を手に入れたかを紹介させて頂きます。
特別な事は全くしておらず、高いお金もかけていないので拍子抜けかもしれません。
1つ目に「年中日焼け止めを塗る事」です。
夏場に日焼け止めを塗っても、冬には日焼け止めを塗らないという人が多いです。
化粧下地や、ベースメイク用品に日焼止めの効力が入っている方も居ると思いますが、
それとは別に必ず、冬でも日焼け止めクリームは塗って下さい。
特に雪の降る地方の方は、冬の日焼け止めクリームは色白お肌の必需品です。
冬場は紫外線も弱まりますが、それでも浴び続けるのは大敵です。
更に雪の反射で、冬場は雪焼けをしていまいますので年中日焼け止めクリームは塗りましょう。
2つ目に「夏場の紫外線避けは抜かりなく」です。
色白を絶対に維持しなけれいけない様なモデルさんの如く、完全防備を・・という訳ではありません。
夏場はTシャツやタンクトップに日焼け防止の手袋、頭には帽子と顔にサングラス、時折日傘・・で満足してませんか?
たしかに日焼け対策を確りと行われていますが、以外と完璧ではないのが人間です。
皆さんも思い浮かべて頂ければと思いますが、街ですれ違う日焼対策万全の色白女性。
でもTシャツと日焼け防止手袋の間に隙間が出来て、素肌が丸見えの人を見掛けませんか?
例えば帽子を被っていても浅く被りすぎていて顔や首に日光を浴びまくっていたりしませんか?
どんなに頑張っても動き回るので、意外と隙間が出来てしまうのです。
なので日焼け防止手袋は長い物を用意し肩まで隠す、隙間が出来てしまったら確り直す。
またはUVカット機能のある薄手のカーディガンを羽織る等、出先でも意識をし続けましょう。
3つ目に「日焼け止めクリームは適度に塗りなおす事」です。
女性の場合、化粧をしている為、顔は白いのに首元やデコルテラインが日に焼けしてしまった、
或いは手の甲が黒くなった等、一部分だけ日に焼けてしまった経験を少なからずされていると思います。
汗で化粧直しをすると思いますが、日焼け止めクリームの塗り直しはされていますか?
首やデコルテラインも汗を多くかいて、朝に塗った日焼け止めクリームが落ちている事もあります。
手の甲に関してはお手洗いや、お食事等の際に日焼け止めが落ちてしまいます。
その為、体のパーツに塗った日焼け止めクリームも定期的に塗り直しをしましょう。
最後に「スキンケアを確りとする事」です。
皆様も抜かりなく行われていると思いますが、私は必ず朝に保湿性の高い化粧水や美容液を使用し、
夜に美白系の美容液やパックでスキンケアをします。
気になる箇所にはシミ予防のクリームを塗ったり、ビタミン剤を飲んだりと毎日忘れずに行います。
疲れて帰った日や飲み会があった日は手抜きをしがちですが、日々のケアがお肌には大切なので
皆様も必ず続け、透き通るような色白お肌を手に入れて下さいね。
美白化粧品

 

 

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
青汁