車関連

代理店型自動車保険とは?

最近では通販型の自動車保険が注目されていますが、まだまだ代理店型の自動車保険も需要があります。
通販型自動車保険は歴史が浅いため、信用性や安心感においては代理店型の方が上です。
また代理店型と通販型のシェアを比較した場合、圧倒的に代理店型の方が多いです。
では、そもそも代理店型自動車保険とはどういったものなのでしょうか?

代理店型自動車保険とは代理店担当者と対面して契約する方法のことをいいます。
相手の顔を見ながら契約できるというのが代理店型自動車保険の特徴です。
インターネット契約だと相手の顔が見えませんし、相談することもできません。
保険の知識がなくても担当者に任せておけば大丈夫という安心感があります。
適切なアドバイスをもらいながら自分に合った保険を探せるのは非常に心強いはずです。
さらに事故が起きた場合、担当者によっては現場に駆けつけてくれる可能性もあります。
事故を起こした時というのはパニックになってしまって、何をしたらいいのか分からなくなりますが、代理店型自動車保険だと担当者がサポートしてくれるので安心です。

ただし、通販型自動車保険と比較すると保険料が割高というデメリットがあります。
代理店型自動車保険の場合だと代理店に対して、保険会社が手数料を支払わないといけません。
この代理店手数料が発生するため、通販型自動車保険よりも保険料が高くなります。

 

|  代理店型自動車保険とは? |

 

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
青汁