悩み

自己破産は弁護士に頼むのがベスト

多重債務者になって借金の返済が困難になった時は自己破産をまず検討します。

自己破産は裁判所に出向き自分で行う事が費用的にも安くすむしいいと思うかも知れませんがそれは間違いです。

実際に裁判所へ出向き破産の申請をしてから破産の決定まではそれなりに時間がかかります。

その間債権者は債務者に対して借金の返済を迫ってくる事があり、破産なんて口走ったら強行手段に出る可能性だって生じます。

逆に弁護士に依頼することのデメリットはどうでしょう、恐らく費用がかかる、ただそれだだけです。

実際その費用についても分割払いと言うのは大いに可能というよりは今はほとんどの法律事務所がそれに応じてくれます。

弁護士に依頼すれば破産申請後の債権者との交渉も弁護士側にて対応してくれるし、

債権者によって債務者の私生活が脅かされる恐れはまずないと考えても問題はありません。

もし、自己破産を弁護士に依頼したにも関わらず、債務者に直接債権者から督促の連絡または通知が行われたとします。

そしたらその事は必ず弁護士に相談してください。

弁護士に依頼した事件にも関わらずそう言った行為に及んだ場合、

それは債権者は法律違反をした事にもなりますから法で罰する事が可能なのです。"

 

 

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
青汁